知ってはいけない!驚くべきUSJの都市伝説!

ユニバーサル・スタジオ・ジャパン(USJ)に流れる都市伝説は、ディズニーランドのものとはちょっと違って、現実感のあるものが多いようです。実際働くスタッフの証言や目撃談が多いからです。その中からいくつかご紹介します。

1252_01
 
 
 

ジュラシック・パークに、ミッキーの影が?

ジュラシック・パーク

usj0906174d
 
 
 
これは実際にUSJに行ったことのある人たちの中で、噂されている都市伝説です。ジュラシック・パークのエリアには、なぜかミッキーやドナルドたちが、あちこちにいる、というものです。
 
 
 
二匹の小さな恐竜たちが引っ張り合っている服の中央に英語でミッキーと書かれているといいます。しかし見てみてもMIEと言う文字か書くかに確認できるかどうかのレベルです。
 
 
 
スポンサーリンク


また、パーク内のどこかには、ドナルドのイラストが描かれた缶詰めもあるとのうわさです。
そもそもミッキーは、マルが3つくっついていればミッキーに見えますし、ドナルドはアメリカにとってさして珍しい名前でもありません。ですので、来園した人の思い込みの可能性もありますが、USJの意図的なイタズラとされる説もあるようです。
 
 
 
また、熱心なディズニーファンからは、陸続きにミッキーたちが遊びに行ったんだという話もあります。
さすが関西、ここでも面白くパクろうと思ったんでしょうか。それとも本当にミッキーたちが、夜な夜な移動して遊んでいるなんてことが、ないとも言い切れませんね。
 
 
 

USJのアトラクションに大量のお札の都市伝説

flight-of-the-hippogriff_mainpic
 
 
 
USJに友人と訪れたAさんが体験したとされる都市伝説です。
とあるアトラクションに並んでいましたが、時間が惜しいのでシングルライドで、乗ることにしたそうです。
実際空いたスペースに優先的に入れてもらえるため、すぐに搭乗することができたそう。
 
 
 
いざ乗りこむと、予想通り面白い展開でした。中盤に差し掛かりいよいよ大きな衝撃が来るのかなと緊張と楽しみ半々の気持ちでいたところ、
途中でゴンドラが止まり、なんだかまわりが変な空気に包まれたそうです。
 
 
 
そしてまわりが一旦明るくなり、『現在メンテナンスのトラブルが発生しました申し訳ございませんがそのまま席を立たずにおまちください。すぐにスタッフが参ります』とアナウンスが流れたそう。
 
 
 
スポンサーリンク


そこでAさんは目の前に光景に、背筋がぞっとしたそうです。
そう、Aさんの目の前、上に続くアーチ上の天井そして横の壁に、無数のお札が貼ってあったのです。
お札は大量で、敷き詰められるようにびっしりと貼ってあったそうです。
 
 
 
このお札はアトラクション中に目を凝らしても見えるものではなく、明るくなったからこそ見えたんだとAさんは言います。
なんのためにそんな場所にお札が貼られていたのか、想像するとぞっとしますね。
 
 
 

人の叫び声が聞こえる・・・USJのあるアトラクションの都市伝説

e0172592_20473113
 
 
 
バックドラフトというアトラクションをご存じでしょうか。もともとは映画としてヒットした作品ですが、いまやUSJでも大人気のアトラクションになっています。
 
 
 
化学工場を舞台にていて、火災の現場を生の迫力で体験できるというもので、目の前でドラム缶が爆発したり、あっという間に燃え広がる炎、また衝撃とともに崩れ落ちてくる鉄骨など、その恐怖やドキドキは映画さながらだそう。
 
 
 
そんな人気のアトラクションにも都市伝説がささやかれています。
ドラム缶が突然轟音を立てて爆発し、水が噴出して飛び散り、そうしているうちに炎は天井を覆い、家の梁がきしんで傾いていくまさに一番恐怖を感じるシーンで、女性の叫び声がするというのです。
 
 
 
もちろんアトラクションにそんなシーンはありませんし、いつも聞こえるわけではありません。
それは閉園迫った最後の回で必ず聞こえるといいます。これはスタッフの間では有名な都市伝説だそうです。
 
 
 
もしかしたらアトラクション用の映像の撮影中に、霊が紛れ込んでしまったのかもしれません。
一体誰の声なのか、行く機会のある方は挑戦してみてください。
 
 
 

実はあちこちで目撃談?幽霊が出るUSJの都市伝説

59703
 
 
 
モンスター・ライブ・ロックンロールショーは、USJのハリウッドエリアにある屋内型ロックンロールショーです。派手な身振りのビートルジュースやドラキュラなどが舞い踊り、出演者のテンションが高いので、子どもからお年寄りまで楽しめるショーになっています。
 
 
 
スポンサーリンク


しかしこの楽しい内容とは真逆の恐ろしい都市伝説があります。
 
 
 
なんでも、モンスター・ライブ・ロックンロールショーは、防空壕の跡地に建られたものだそうです。そのせいもあってショーの最中でもよく霊が出るというのです。
出演者だと思っていた人が、実は幽霊だったということもあるかもしれません。
 
 
 
そしてももうひとつ、よく目撃されるのが、USJの奥にある、ニューヨークエリア。このエリアは11のストリートがあり、それぞれに名前がついています。このストリートも日のある明るい内は、ニューヨークの雰囲気が感じられていいのですが、夜になると幽霊の目撃談が絶えないエリアです。
 
 
 
スタッフの間でも「昼に行くのと夜行くのとでは、まったく違った感じがする。」「閉園後なのに背後に気配を感じる」など、怖い都市伝説が絶えないそうです。
 
 
 
もしあなたが霊感のある人であれば、この2箇所に是非行ってみてはいかがでしょうか。
 
 
 

サブコンテンツ

このページの先頭へ