日本の自衛隊が最強とされる伝説

自衛隊のすごすぎて伝説となっているエピソードのご紹介です。知っているようで知らない自衛隊の本来の姿が見えてくるかもしれません。日本国民として自慢ができますよ!

 
 
 

自衛隊は最強と思わせる伝説の雪山訓練

20120117212216f42
 
 
 
自衛隊は派遣要請があれば、どこへでも駆けつけてくれます。また、海陸空と担当がありますので、まさにオールマイティな対応ができるのです。
 
 
 
そんな陸上自衛隊には、冬季戦闘のスペシャリスト集団と呼ばれる、冬季戦技教育隊がいるのをご存じでしょうか。彼らは寒さや雪など冬の現象に大変強いのですが、その訓練がすごいのです。
35キロの装備を背負って北海道ニセコの山中を3日間ぶっ通しで歩いたり、非常時に備えての命がけの訓練を行っているそうです。
 
 
 
表向きは、冬季戦闘の訓練や研究、また冬季オリンピック競技の選手養成や研究、という2つを目的とする教育隊です。しかし、裏の顔は、冷戦時代にソビエト連邦と対峙する第一線であったため、必然的に雪中戦闘術が優れている部隊をつくったのだとか。アメリカ軍ですら全員がスキー技術を習得していないとされており、冬季戦技教育隊の雪中戦での戦闘能力の高さは、世界屈指であると言われています。
 
 
 
スポンサーリンク


こんな訓練がされているとは夢にも思わなかったですね。日本の誇りですね。
 
 
 

女王陛下のキス

slooProImg_20140316203941
 
 
 
2000年7月4日の出来事です。20世紀最後のアメリカ独立記念日を祝う洋上式典のために、世界各国の帆船170隻、海軍の艦艇70隻がニューヨーク港に集まりました。
 
 
 
その翌日5日に、イギリスの豪華客船クイーンエリザベス号が入港してきますが、急流となっていたハドソン河の流れに押されてしまい、あっというまに係留中だった海上自衛隊の護衛艦「かしま」の船首部分に接触してしまったそうです。
当然クィーンエリザベス号の乗組員は慌てふためきます。何しろぶつかった 相手は軍艦。国際問題にもなりかねない事態だからです。
 
 
 
着岸したクィーンエリザベス号からすぐに、機関長と一等航海士がかしまに謝罪にやってきます。その謝罪を受けた当時のかしまの艦長であった上田勝恵一等海佐はこう返答したそうです。
 
 
 
「さいわい損傷も軽かったので別段気にしておりません。それより、女王陛下にキスしていただいて光栄に思っております」
 
 
 
スポンサーリンク


そのときハドソン川に集結していた他国の船員の間で、世界中の船乗り達にも伝わり、日本の自衛隊の対応を称賛する声がいまもなお、伝説として残っているそうです。
 
 
 

潜水艦を発見する技術は、日本の自衛隊が世界トップ!

img_index
 
 
 
海中で作戦行動中の潜水艦を発見した時に、追跡ができる技術を持っているのは世界でも日本とアメリカだけです。
そのアメリカでさえ日本の追跡技術には舌を巻くといいます。
 
 
 
合同演習で模擬訓練を行った時のことです。
 
 
 
アメリカ海軍は日本の自衛隊なんて楽勝だとかかをくくっていたところ、海上自衛隊の潜水艦からのピンガー(アクティブソナー)が、またたくまにアメリカ海軍の駆逐艦を発見し、撃沈判定をだしたそうです。
 
 
 
会場自衛隊の潜水艦は、遥か遠くからエンジンを止めて、海流の流れだけでアメリカの駆逐艦の真下に到達したのです。メンツ丸つぶれのアメリカ海軍は、本気になって日本の潜水艦を追尾すますが、それもあえなく離脱してしまったそう。
 
 
 
軍事力では世界トップクラスのアメリカでも、技術となると日本の自衛隊には及ばないという伝説のエピソードです。
 
 
 

自衛隊の海外派兵、その世界での信頼されっぷりが伝説

b0191074_14315533
 
 
 
イラク、サマーワ基地で自衛隊が設営したテント群は、杭の位置や紐の角度まですべて寸分違わぬ統一だったそう。
これを見た各国の高級士官が、「日本の軍隊は士気が高い」と絶賛したといいます。
 
 
 
横から見れば、ロープはすべて重なるような統一された状態だったといいますから、絶賛されるのもわかります。
ちなみに、兵法には「整然と統率され規律の取れた軍隊は、士気が高いため攻撃を加えてはいけない」とあるそうです。
 
 
 
そして気温が40℃を超える中、自衛隊員は、現地の議会や部族の長などに、今してほしいことは何かを尋ねてまわり、要望を聞きだして、確実に実行したといいます。これにより、イラク人は「日本の陸上自衛隊は、イラクの人道復興支援のために来ているんだ」ということを確信したといいます。
 
 
 
そしていよいよ自衛隊が撤退するというときに、サマワ市で現地住民による大規模なデモが起こりました。
一体何事かと自衛隊で調べたところ、なんと自衛隊に今までありがとうと感謝をするデモだったそうで、これを受け基地では緊急に、アイスクリームなどを準備して住民らに振る舞ったそうです。
 
 
 
自衛隊のいる所が、非戦闘地域みたいですね。どんな国や環境であってもその場所で全力を尽くす自衛隊員の姿には、我々国民も頭が下がる思いですね。
 
 
 
スポンサーリンク

サブコンテンツ

このページの先頭へ