大人気芸人、ダウンタウン!驚きの伝説!

ダウンタウンは、独特の感性から作り出される漫才が高評価され、賞を総なめしてきたコンビです。

いま活躍の若手芸人は、全員ダウンタウンの影響を受けているといっても過言ではないほど、二人はもう50歳になりましたが、その年齢も感じさせないすごさ。

______

もちろん二人の持つ伝説もすごいものばかりでした。
 
 
 

これがコンビのきっかけ?ダウンタウン、伝説の出会い

20140318_dt_01
 
 
 
浜田が小学校の帰り、一人で道を歩いていると、どこからか声が聞こえてきました。
「浜田くーん、浜田くーん。」
消え入りそうな細い声は最初、どこから聞こえるのかわからず、浜田は怖くなったそうです。幽霊なのか・・・そう思った浜田は、勇気を出してこう言いました。
 
 
 
スポンサーリンク



「どうか許してください。もうビニ本の切り抜きは集めませんから・・・」
するとまた声が聞こえてきました。
 
 
 
だ1
 
 
 
「違うんや、助けて欲しいねん。松本です」
「どこにおるんや?」
「上や、上!」
上と言われて、浜田が見上げると、道路の脇にあった木の電信柱の上に、松本が登っていたそうです。それを見た浜田が「何してんねん」と言うと、松本が言ったのです。
 
 
 
「降りられへん・・・」
それが2人が最初に交わした会話だったといいます。
ここから二人の伝説が始まっていったというこのエピソードも、ダウンタウンらしいですね。
 
 
 

坂田利夫からダウンタウンへのアドバイス伝説

64066_200903130221203001236906794c
 
 
 
まだダウンタウンが若手で売れる前のエピソードです。二人が漫才をして舞台からはけた時、ちょうど舞台袖では坂田利夫が見ていたそうです。
 
 
 
of_9251_2
 
 
 
その漫才の完成度の高さ、独自性に驚いた坂田はダウンタウンに向かって、「お前らなかなかおもろいやんけ」と言ったそうです。
しかし、その時の坂田利夫の着ていた衣装というのが、チョビヒゲをつけてやたらに高いちょんまげ、そして腕を組みながらまじめな顔だったそうです。そんな恰好で言われても、二人とも内心では、「絶対にお前の方がおもろい」と思ったらしいのです。
 
 
 
スポンサーリンク



その後、ダウンタウンは、1984年に再び新人賞レースに出場。前年に本選で落選してしまった「NHK 上方漫才コンテスト」では、第14回大会は優秀賞など賞を総なめしていきます。
 
 
 
それを知った坂田利夫は、「ほらみてみぃ」と思ったとか。
ダウンタウンは実力はもちろんのこと、先輩からも一目置かれる存在だったことがわかりますね。
 
 
 

ダウンタウン浜田の屁にまつわる伝説

ダウンタウンの浜田が収録中、ロケバス内、店内など、どの場所でもどんな時でも構わずおならをしてしまうことは知られています。
しかしそのおならもあまりの臭さに、隣にいる被害者松本の返しのコメントがすごいと、逆に伝説となっています。
 
 
 
img_17
 
 
 
子供のころにおならをされたとこを思い出し、「おれ、はじめて浜田の屁の臭いをかいだ時に、自分の鼻にウ○コついてると思ったわ」
と、松本は今までにない体験だったと言っています。
 
 
 
大人になってからでも、「浜田の屁の臭いを嗅いでしまうと、楽しかった思い出がひとつ消える」 や「家に帰ってみたら、収録中に浜田が屁をこいた時間に、時計が止まってた」などと話しています。
 
 
 
i200
 
 
 
伝説となったエピソードは、日本語がまったく話せない外国の人の対応。「浜田の屁嗅いだときに「くさっ!」って言ったというのです。
またある時、テレビの番組内で、松本が『もしも願いが3つ叶うとしたら、ダウンタウンの松本さんは何をお願いしますか?』との問いに松本は、「まず1つめは金持ちになりたい、2つめは口のクサイ人間をこの世から消したい。
 
 
 
あと3つめは相方を変えたいですね」と答えたそうです。その答えに浜田は、「おい!3つめはおかしいやろ、どういうことやねん!」
と聞き返します。その時の松本の答えは、「だって2つめの願いが叶っている時点で、お前はこの世から消えてるからね」と。
 
 
 
相方のことをよく知りつくしたダウンダウンの伝説でした。
 
 
 

ダウンタウン浜田の超危険人物伝説!

896561l
 
 
 
浜田は、番組内ではどんな共演者にも容赦のないツッコミをしたり、手厳しい対応をしていますが、収録が開始される前や終了後には、本番とはうって変わって穏やかで礼儀正しい人物になると言います。
 
 
 
特に新人のタレントや若手芸人などには、緊張をときほぐすために、「頑張れよ」や「どんどんオレにからんで来いよ、なんでも笑いに変えたるからな」などど声をかけるそうです。
 
 
 
スポンサーリンク



昔はとがっていたことで有名なダウンタウン。
 
 
 
caHZYmFLq2UIFoh_dpO4U_19
 
 
 
犠牲になった若手芸人も多く、たとえば雨上がり決死隊の宮迫博之は、「車で少しはねられたんや」などと話したり、ナインティナインの岡村隆史は、「車で走行中に、フロントガラスにジャンパーを投げられた」などと、当時は本当に怖かった浜田の話をテレビやラジオで話しています。
 
 
 
ハメを外しすぎて事故の一歩手前までいったと、語り継がれる浜田伝説でした。
先ほどの若手を激励するエピソードを聞くと、丸くなったんだなと思える話ですね。
 
 
 

サブコンテンツ

このページの先頭へ